2014年07月22日

ちゃんと文書として捉える

なりゆきで今日は休みになった。

どこかに出かけようかと考えたんだけど、
祝日の次の日って、休みになっている施設が多い。
美術館や博物館とか。
劇団四季も調べてみたが、休演日だった。

まぁ、単なるだらけた日でもいいか、、、と思わなくもない。


あくまで主観的なことだけど、
HTML5は、4に比べると、文書としての意識が高い。
それぞれのWebページを1枚の文書として捉えて、
その構成をHTMLタグを使い分けてしっかり作り上げていくことが求められる。

4では、headとbodyという大きなくくりがあって、
その中でとりあえずdivで枠を作って、、、みたいにしていた。

5では、新しいタグとしてsectionやheader,footerなどなどが登場していることから、
適タグ適所で構成的におかしくない文書にしなさいよ、と言われているんだろう。

ただ、作り手が適当に作ってしまっても、
ブラウザでそれなりに表示されるものは作れる。新タグを無視しても。
それで、例えば業務システムで何か問題はあるのかと考えると、
特にイントラ用途なら、表示される限りにおいては、たぶん問題無いんだよな。。。

タグの使い方って、細かいところでは文書の解釈によると思うから、
ルール決めして、やることになるんだろう。
とはいえ、ここは、section?article?みたいに悩みそう。
デザインは共通化されるはずだから、テンプレートを作ってそれに手を入れるのが一番かな。

なんて、まともに作ったことのない人間が書きました。
posted by 寿 at 11:04 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年07月12日

nbspが無くなっているとは

基礎的なことから学ぼうと、HTML5の書籍を読んでいて、
HTML5では、いくつかのタグが実質的に消滅していることが分かった。

<center>とか<frame>は、ふーんと思った。

驚いたのは、文字実体参照のnbspが無くなったことだ。
代わりに、数値文字参照の#160か16進にして#xa0を用いることになるらしい。
お、覚えづらい。。。

nbspは英語の略だから、覚えやすかったのに。
160か〜、何度か使っていれば覚えるのかな。

とはいえ、いきなり、ブラウザに解釈されなくなるわけではないというか、
そこらじゅうで使われているタグだから、
ブラウザとしてもサポートせざるを得ない状況なんだろうね。
確かめたところ、最新のIE11でもFirefoxでも、半角分の空白ができていた。

ただ、技術者としては、
いつ本当にサポート外になってもおかしくないタグを使うのは避けるべきだね。

参考サイト)
http://www.html-5.com/changes/deprecated/

読んだ本)
小さな会社のWeb担当者のための HTML5/CSS3とWeb技術の常識 -
小さな会社のWeb担当者のための HTML5/CSS3とWeb技術の常識 -

てか、Amazonのボタンからリンクを挿入したんだけど、
そのまま使ったら、本の画像が画面いっぱいに表示されて唖然とした。
使えない機能だな。。。
posted by 寿 at 11:06 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記