2013年04月29日

PM関係の本を読んでいる

プロジェクトマネジメントに関して、
経験が無いことを補うために書籍を読んでいる。

PMBOK入門や以前買ったPM関連の本。
あとは「プロマネやってはいけない」というムック本など。

そのなかでは、最後のムックは、実践的なために内容が分かりやすく感じる。
PMBOK入門は、そもそもPMBOKの説明だしね。

例えば、キックオフミーティングは省いてはいけない、
成果物レビューは怠ってはいけない、などなど、なるほどと思わされる。
たまに苦笑する内容もあって息抜きもできる。
肩書きに惑わされてはいけないというところで、
「上級〜系」とあり、上級と付けることはあっても、中級・下級はほとんどない、とある。。。確かに。。

なにかのビジネス書の受け売りだが、
経験が無い分、先人の経験や知恵を効率よく学んで活かしていければと思う。
最終的には自分なりの型をもてるまでになれば良いだろう。
そこを目指したい。
posted by 寿 at 21:04 | 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年04月23日

若干モチベーション低下中

良かったことは忘れがちだけど、嫌だったことは忘れるのに時間がかかる。

ここに書いてやろうか、と思ったりしたけれど、
吐き出して少しすっきりするのと、それによって更に思い出してしまうことを
天秤にかけたらどちらが良いのだろうか。
基本的には書かない方が賢いか。

Twitterがバカ発見器なんて言われるように、
思わず書いてしまうことで、炎上したり、それより悪いことが起こったりするかもしれない。

しかし、Twitterって用途が謎なツールだよな。
災害発生とか即時性が求められる場合の情報拡散用は思いつく。
少なくとも普段使いに必要なメディアじゃないよな。。。


仕事絡みで若干、モチベーションが低下中。
終わりが見えてくると、ふぅと一息つきたくなる気持ちだ。
集中力が続かないなぁ。。。
posted by 寿 at 21:19 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年04月06日

Java資格のバリエーションが増えていた

先日知ったのだが、Java資格である
オラクル認定Javaプログラマ(OCJ-P)のバリエーションが増えていた。

Java6までは、OCJ-Pの1つだけだったが、
Java7から細分化されて、OCJ-PのBronze,Sliver,Goldの3つになっていた。
どうやら、2013年1月にGold試験がリリースされて全て揃ったらしい。

オラクルらしい命名だ。。。

僕は、かつてSunだった頃のサン認定Javaプログラマ(SJC-P)Java5を持っているんだけど、
未だに、オラクル認定ってところに違和感を感じてしまう。
そして、資格体系がオラクルDBっぽくなったことに、なんだかなぁと思っている。


ともかく、以前のSJC-Pを持っていれば、
今の資格では、OCJ-PのGoldに相当するらしい。
もちろん、バージョンが違うので敢えて当てはめるならと考えれば良いと思うけど。

OCJ-PのGoldを取りたい場合は、
前提資格であるOCJ-PのSliverを取ってからGoldを取るか、
アップグレード試験を受ける、
という2つの選択肢があるらしい。
SJC-P5からでもアップグレードできるというのは助かる。
まぁ受けるかどうかは、また別の話。。。。


受験料が高いんだよなぁ、3万って。。。
それでいて、難易度がけっこう高い。


ただ、僕の感覚だが、
SJC-Pを持っていてJavaプログラミングがしょぼい人はあまりいないのではないだろうか。

言い方は悪いけど、重箱の隅をつつくというか、
注意深く見ないと簡単に見落としてしまうような問題が多いせいで、
合格率が落ちているような気もしないでもないが、
一定の技術力を証明できる資格試験ではないかと思っている。

自画自賛してるつもりはない。
実際、2回落ちたし、合格した時もまた落ちたと思った(笑
たぶん、受かっている人は、苦労しているよ。。。


まぁそんな感じです。
posted by 寿 at 09:53 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年04月03日

どうする一体

いくつかの事柄が周りに蠢いていて、板ばさみにあっている。

どこに打開策を見出そうかと検討しているんだけど、
一番ベターな道が分からない。

それぞれに良い点と悪い点がある。
良い悪いが正反対というか性質が違いすぎて、
じゃあどうするとなったときに決められない。

とりあえず、焦りすぎることはダメだと思う。
キプロス問題が出たのにユーロを買うようなものだ(?)
見誤ってしまう。

しかし、時間がないのも確か。
決めるのは自分ということを忘れないようにしたい。
posted by 寿 at 21:06 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月31日

ドラゴンボールなかなかでした

映画ドラゴンボール 神VS神が3月30日に公開された。

ドラゴンボール世代としては、なんとしても観ておく必要があると思い(早い話、観たい!)、
25日くらいに席を予約して観に行った。
25日の段階で、真ん中後方あたりは少し埋まっていた。
また、日本映画初だっけアニメ映画初だっけIMAX上映となっていたので、そちらを選択。
IMAXって高いね、前売り券とか優待券を買っても差額700円払わないといけない。

内容はというと、ドラゴンボールファンを満足させてくれるものだった。
戦闘シーンは現代というだけあってCGをフル活用しつつ、スピード感満点で迫力がありました。
懐かしのキャラも登場しつつ、ブルマの年齢も分かりつつ。
ブルマがあの歳なら自然と悟空の年齢も分かるね。
ラストは簡単に予想できてしまう内容だったけど、そこまでは求めないな。

早くも僕としては次回作を期待したいところなんだけど、やっぱり無いのかな。
ドラえもんやコナン、ルパンのように定期的に映画を創っていってもらえると楽しみが増えるね。
posted by 寿 at 17:32 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月27日

久々のコードレビュー?

本格的に更新が滞ってきた。。。

今日の良かったこと3つ振り返り。
ポジティブ思考のための鍛錬に。

コードレビューの機会を与えてくれた後輩、ありがとう。


ということで、久々にコードレビューらしきことをしました。
と言っても、ざっと流してみて、
改善した方が良い点、こうしたらすっきりする点、こういう書き方もある点、を伝えただけですが。

明らかにバグがある部分の指摘はその説明をすれば良いんですけど、
こういう書き方もあるというのは、正直好みというかスタイルな気がしているので、
自分の書き方を押しつけないように気を付けました。
場合によっては、もっと良い手法もあるでしょうし。
まぁ勿論、私自身も理由無しでそういうコードを紹介しているわけじゃないんですが。

1つのやり方を覚えると、気をつけないとそれ以外の方法ってなかなか目が向かないですよね。
実はもっと簡単なAPIがあるのに、
古いAPIを使っていたとか、自分で組んでしまったとか。
VB.NETで、String.IsNullOrEmptyなんてメソッドに出くわしたときは、
げーー、こんな便利なのあったんだ、と驚いたことを思い出しました。
If xxxx is nothing OrElse xxxx.length = 0 Thenなんて知らずに書いてますからね(笑

それとか、ASP.NETの話で、
最近やっと、ASP.NET MVCの基礎とWebAPIの書き方をさらっと学びました。
SignalRはサンプルが動かなくて悩んでます。。。
WebAPIやSignalRはASP.NET4以上なので比較的新しいのですが、
とはいえ気づかないうちに知らないことが増えていると焦ったものです。
WebAPIなんて、その名の通りWebAPI用のプロジェクトテンプレートなんですけど(たぶん)、
以前の知識のままだったらWebフォームを使っていたかもしれません(すみません。。)
実際、数年前はWebフォームでAPIを作っていました。

そして、ここだけの話、
後から自分が言ったことが正しかったかをネットで調べました(笑)
本当にそんなメソッドあったっけとか。(しばらく、触ってない言語だったもので。。)


そんな感じです。

それにしても、その後輩は一人でプログラムを任されているようでしたから、
とてもラッキーだと思います。
この機会により良いプログラムを作れるようにステップアップしてくれればと思います。
あくまで自分の会社の立場で書いてみました(笑
posted by 寿 at 22:41 | 愛知 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月07日

最近のことをつらつら

花粉症の季節が始まった。
花粉情報では、今日は「非常に多い」という予報になっていた。
気のせいか、目がかゆく、鼻も湿っていた。

油断するといけない。
数年前に比べると格段に症状が出なくなったものの、全く無くなったわけではない。
花粉症を完治させる特効薬が欲しいものだ。


どうやら、ETCカードを失くしてしまった。
落とした可能性より、捨ててしまった可能性が高い。
先日、再発行料金は仕方なしと諦めて、コールセンターに電話し、
新しいカードを入手した。
デザインが格好良くなっていて、これはこれで満足な出来事だった。
部屋を綺麗に保つことは意外と難しいもんだ。。。
だから、世の中には整理法のような本などが氾濫している。


明らかに読み終えていない書籍が溜まっている。
ついつい、購入してしまうからだ。
先日は、新幹線に乗る間は時間があるからと「ストレージの原則と技術」という本を購入。
目次をみて、これは素晴らしい気がする!と勢いで手にとったのはいいけど、
レジに向かう途中で値段を見てびっくり、という本だった。
内容としては、EMCの本だけあって、ストレージの技術が網羅されているような気がしている。
この間は、ITの展示会に行ったところ、日経BPの本が割引で売っていて、そこでも1冊。。。
タイミング良く(?)、以前読んだAWSデザインパターンの続編が出ていたもので、
我慢できずに買ってしまったんだよね。
セミナーの空き時間に読んでいた。
小説も30冊くらい読めていないし、いい加減に減らしていかないとなぁ。


そんな感じの最近でした。
posted by 寿 at 21:21 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月23日

まだまだいける

書いたか忘れたけれど、
先日、IntelのSSDを購入して、システムドライブをHDDからSSDに移行した。

データ移行などなど半日以上かかったが、
結果として、OSの起動終了が随分早くなった。特に終了が早い。

そして、後日、2GBだったメモリを4GBに増設した。
これに関しては、まぁもっと負荷がかかったときに早さを実感することもあるかもしれない。

今年で6年目に突入する自作パソコンだが、
まだまだ使えそうな気がしてきた。

あとは、Windows8を入れるかどうかだなぁ。
迷うところだ。
posted by 寿 at 09:36 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月11日

相性がある

ここ数年、年間100冊読書を続けている。

内訳としては、小説が7割、IT技術書や新書が残りといったところだ。

本来ならば、IT技術書5割くらいに乗せておきたいのだが、
たぶん達成することは無いだろう(笑

小説は僕にとって気分転換の一環だからだ。
現状、代わりがないので、これが抜けると痛いと思う。


それはともかく、
別に多くはないんだけど、これだけ読んでいると、
当たりもあれば外れもある。

当たり外れを決める要因は、
少なくとも2つあって、内容と相性だと思う。

内容は内容だ。
「王○ゲーム」とか「魔○」といった作品は理解できなくてリタイアしたり、すぐに売ってしまった。
要は感動できなかった。

相性は、内容は理解できるけど、どうも読みたくなくなる感情だ。
ドラマになった「研修医○情物語」は、どうも合わなくて半分も読めなかった。
中古で2巻目を買ってしまっていたのが、読まずに売ることにした。
他にもいくつか、同様の本がある。

小説を読んで気分転換したいのに、
読みたくない本を頑張って読み進める意味なんて無い。
本末転倒もいいところだ。
IT技術書なら一応頑張って読むだろう。


回避策はある。
面倒なので、買う前にはやらないんだけど、Amazonの評価を確認することだ。

だいたい、上のような本に遭遇した時に、
評価を確認してみると、5段階で3程度になっていたりする。
内訳も1〜5に平均してポイントがついていることが多い。

意外と自分の感じ方は平均レベルなんだろうね。


ふぅ。さて次は何を読もうか。
posted by 寿 at 11:22 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月06日

久々になってしまった

意外と平日にパソコンに向かう時間が少なくなっている気がする。

ここ数日は、ヤフオクでPC用メモリを落札しようかということで、
躍起になっていたりもしたが(笑
そして、結局、落とすには至っていない。
すぐに高値更新されちゃうんだよね。

まぁメモリより、ついにSSDを購入しました。
システムドライブをHDDからSSDに替えて、この5年物のパソコンをスピードアップさせようという算段です。

評価によると、ずいぶん早くなるらしい。
ちゃんと(?)、IntelのSSDを買ったし、少し期待してもいいかもね。

その前に、現在のデータを移行せねば。。。
ツールは落としたから、実際の移行は週末にでもやろうか。


少し前から、為替相場が円安に大きく動いているね。
過去、サブプライムローンやらなんやらで、大ダメージを受けながらも、
辛抱していた甲斐もあって、ようやく現状の残高がやっとプラスに転じた。。。
既にロストカットされている分をいれると、完全な赤だけど。
仮にあと、ポジション全体で2円くらいあがれば、
それも帳消しになってしまうくらいの状態ではある。
そういって今までも下がってきたから、あまり期待しないでおくのがいい。

ただ、そこで、全て精算すると、日々のスワップも消えてしまうから、
少し考えてしまうんだよね。
調子に乗って買うと、またこの3年くらいの二の舞になるし。

長期保有を目指しつつ、赤も解消するという都合良いストーリーにはならんもんかね。


そろそろ年度末が近付いてきて、
会社では自己評価をせよとのお達しがきていたりする。
毎度思うことだが、継続的に観点をふり返らずに、最後に評価だけすることは意味を感じない。
目標を立てて、完全に無視して、
最後に結果的に目標を達成していたか、偶然にも、という評価はなんなんだろう。
じゃあ、そうしろよ、と我ながら思うが、いとも簡単に忘れてしまう。

その自己評価に対して、上司が評価を追加したりする。
ぶっちゃけ下げる。

たぶん、この評価というやつは、別に自分ってこうだったなとふり返ったり、
ここを頑張りましたとアピールするというより、
むしろ、お前、自己評価なぜか高いけど、俺から見れば全然なんだぞ、と思い知らせるためのものかもしれない(笑
ここ数回はやりとりしていると、なんだか疲れるので、
もう好きにしてくれと内心で思っている。
評価が高い?じゃあ低くしておいてください。

だいたい、アピールできるようなプロジェクトにいない。
特段、何も問題が起こらなかったということで評価を上げてみれば、
何もやってないんでしょと下げられる。
もし、何か起きていればもっと下げられる。

最近のPJなんて、無理して受注しているものが多いから、初めから予算が無い。
そうなったら最悪だ。
リスクばかりが見えてくる。

何が言いたいんだろう。
なんとも言い難い思いだ。

とりあえず、この辺で締めるとしよう。
posted by 寿 at 22:21 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月22日

全然書いてなかった

このまま書かなくなるかと思わせて、復活しました。

別に何かあったわけではありません。


もう少しすると春ですね。
春は始まりの季節ということもあり、
色々な環境的な変化が待ち受けているかもしれません。
僕自身、考えなければならないこともあります。

時間はあるようで無い。
だけど焦って結果を求めるのもどうか。
慎重に決断していきたい。


たぶん、今日一つ物事が動いた。

詳しくは書けないけど、また寂しい出来事を覚悟しておく必要があるだろう。
どうしたらいいんだろう。正解なんて後になってに自分でふり返ることなんだよな。
posted by 寿 at 22:11 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月06日

今年最初の投稿

明けましておめでとうございます。
今年も継続してブログを書いていきたいと思います。
よろしくお願い申し上げます。

年末から正月にかけての休みの間に、
「ハイパフォーマンスWebサイト」というオライリー本を読みました。
続編も出ているみたいですが、はじめの方の本を。

Webサイトの主に表示速度をアップさせる14の方法が書かれている本です。
今更で、すみません。。。たぶん、ご存知の方もいらっしゃると思います。
コンテンツはgzip圧縮しなさい、などなど、
さらっと聞いたことのある事柄も多々あったのですが、
理由やどのくらい効果あるの?といったことまでは知らなかったものですから。


Amazonのレビューには、2008年発刊なので今はもう古いかもね〜、
のようなニュアンスのコメントもあり、内心では私自身もそうかもなぁと思ってました。

でも、方法を適用したサンプルサイトの動きをみる限りでは、
今でも効果を十分体感できる内容が大半でした。
ブラウザはFireFox17(…もう17なのか。。。)
1、2個は、変わらん?むしろ遅い?というものもありましたが、
キャッシュの話とかもあって勘違いしていた可能性はあります。


というか、完全に話が逸れた。。。
今年の目標でも書こうかと思ったのに。
そういや、ブラウザをFirefoxからChromeに完全に切り替えようと思っているのに、
なかなか実行に移せていないな。


ということで、今回はこんな感じで締めます。
posted by 寿 at 18:37 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月31日

もう年が変わる

あと1時間程度で2012年が終わって、2013年が始まる。

僕にとって、実際のところ、年が変わっても何が起こるわけでもない。

とはいうものの、良いお年を〜と言ったり、
年末番組を観たりしていると、年の切り替わりを意識して何か考えたくなってくる(謎

そこで、Wikipediaで元日を調べてみた。
「年のはじめを祝う日」か〜、とても簡潔だ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%83%E6%97%A5

その中に、テレビでの特別番組という項目があったんだけど、
列記されていた番組がよく分からなかった。
表現しづらいのだが、この一覧は何だろうと思った。

そういや、かくし芸大会って、もう終わってたんだね。


明日は素直に新年を祝いますかね。

では、本年はどうもお世話になりました。皆々様方に。
今年の更新はこれで最後とします。

来年もよろしくお願いいたします。
よいお年を。
posted by 寿 at 22:44 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月30日

文章化の力

僕は読んだ本のタイトルだけ残すことにしている。
年末になると、その年にどれだけの本を読んだのかを数だけ計算している。
100冊を目安として、読書に勤しんでいたか、否かをみてみようという考えだ。

そこで、今年はどれだけ読んだのかみてみたところ、
どうやら125冊程度読んだらしい。
小説がおそらく7割程度で、残りが新書とIT技術書くらいではないか。
いちおうカテゴリ分けしているが、別に小計を出しているわけではない。。。
それほど意味が無いような気がして。使い道を考え中だ。

その125冊のなかには、主に小説のことだが、
没頭して一気に読めてしまう小説と、あまり食指が、、、となってしまった本もあった。

いまいちだなぁと思った本をAmazonなどで調べてみると、
やっぱり評価が微妙だったりすることが多い。
もちろん、評価が高い本もある。そこは相性なのだろう(?)

良い例が、、、王様ゲームかな(笑
あくまで個人の意見だが、
さよならドビュッシーとかも、なぜ映画化されるのか分からない。
映画は面白いかもしれないけれど、小説は途中で投げそうになった。


それはともかく、言いたいことは、
小説を読んで微妙だなぁと思ったときに、
それを何故微妙なのかという理由づけをできる人って凄いと思うのだ。
なんだか合わなかった。つまらなかった。というのは簡単だが、
内容が的を射ていなくても、こういう理由で、と説明できる能力は素晴らしいと思う。
レビューを読んでいるといつも思う。勿論、面白かった理由も同じ。


さて、勉強をしようか。そろそろ、QuickJUnitのインストールが終わる。
posted by 寿 at 12:09 | 愛知 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月28日

このまま維持していこう

免許の更新にいってきた。

無事にあと5年間、ゴールド免許となった。

ゴールドの上のランクもあれば面白いのに。
あるとしたら、プラチナになるのかな。

保険料も更に安くなったり、
色々特典をつければ、もっと優良運転者が増えるかもしれない。

そんな感じで今年もあと3日になってしまった。

さてさて。
posted by 寿 at 21:54 | 愛知 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月23日

ネットワークスペシャリストはやはり甘くない

先日、ネットワークスペシャリスト試験の合格発表があった。

淡い期待を抱きながら、成績の問い合わせをしたところ、
午後1で不合格となっていた。点数は58点だった。
合格点に、あと2点足りなかった。

小さそうで大きな2点だ。

午後2はどうだったのか気になるところだが、まぁどうしようもない。

ここは、不合格でも良かったと思いなおすことにするかな。
合格していても完全にまぐれだから。

60点で合格しても微妙じゃないですか!?
もっと合格ラインを高くした方がいいのでは?70点とか。
60点でも実力が伴っていなければ問題文を読めさえしないから大丈夫なのかもしれないが。

ほんと、問題すら理解できない問題ってどうなのよ。

と、横道に入って行きそうになった。。。

ということで、出直します。
posted by 寿 at 22:34 | 愛知 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月16日

洋書を読んで

ITの技術情報は、外国から入ってくることが大半だ。

書籍の話。
数でいうと、日本の技術者が書いた書籍も勿論あるが、
外国の技術者が書いた書籍のほうが言うまでもなく多い。

鮮度はどうかというと、こちらも外国の書籍(洋書)が高いのが現状だ。
日本語翻訳された洋書は半年以上は遅れるし、日本語の書籍もそれと同等に遅い。

国産の技術が少ないから仕方ないというか、当然の流れというか。


最新技術を常に追う、まぁ真剣に追わないまでも仕入れる必要のある
IT技術者にとっては、やはり日本語書籍を待つでのは遅い気がしている。
これは、色々な人のブログで言われていることだ。


洋書を実は初めて買って読んで思ったのは、
英語レベルが低いと、全く知らない技術について読むのは厳しいということだ。
今回の僕がそうなのだが、
多少知っている内容について深堀する、もしくは、最新バージョンの知識を得ることならば、
なんとかついていける。
Java5を知っていて、Java7の言語仕様を読むとか。

洋書の読み方として、細かい単語の意味は調べずに、
とりあえず読み進めていくという方法を提示されている場合がある。
僕はちょいちょい気になる単語を調べているんだけど、
あまり意味のない単語(形容を追加するというか、大げさにするだけのものとか)もあって、
この辺を適切に不要と捨てられるなら、調べなくても大丈夫だと思う。
要は、大筋の意味を捉えられるかどうか。
少し慣れると、たぶんこの単語には重要性は無い気がすると感じたりする。

とはいえ、一番は理解できたかどうか、だろうな。


なんにしても、
技術者なら常に洋書を!とは思わないが、
必要なときに普通に洋書からも情報を仕入れるような状態にしておくことが重要だと思う。
読んで思ったのは、英語も必要だが、慣れの部分も大いにあるということだ。
posted by 寿 at 16:58 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月04日

ボーナスの季節

12月といえばボーナスの季節だ。

今年はいくら貰えるのだろうと少し期待していた。
が、予想を下回っていた。

なかなか、世の中厳しいもんだ。


転職サイトを見てみた。
正直、どこがいいのかよく分からない。
とりあえず車関係には興味無いので、それ以外に目を向けているんだけど、
希望勤務地の関係で意外と車の割合って高いんだよね。
オープンオファーが、、、とみてみると車、組み込み、制御ってね。
やはり、転職エージェントのようなところに登録してみた方が賢いのかもしれない。

そのトリガーをどのタイミングで引こうか。

そこも熟慮しておく必要がある。
posted by 寿 at 22:09 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年11月30日

ふと医療費控除を調べた

支払った医療費の明細をみた。

そういや、医療費控除っていくらからだっけ…と忘れていたので、
適当に分かりやすそうなページを見た。

http://www.tetuzuki.net/insurance/medical.html

10万からとのこと。
ただし、支払総額ではなくて、単純じゃない計算式がある。
それを書くつもりはないので上記サイトでもどこで参照されたい。

笑い話として書かれていた、控除されるにも条件があるという内容、
確かにその通りだと頷けた。。。

あと、医療費控除の対象にならないものに、
いくつか意外だったものがあった。
予防接種もダメなんだ。健康保険使うのに。
他のものも、後述の条件をみてみるとかなり微妙な線引きもあるような気がした。

まぁ、そんな感じです。
明日はもう12月。年の締めに向かって進むだけです。
posted by 寿 at 22:09 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年11月19日

なんとなくだけど

なんとなくだけど、この間書いた技術記事を別ブログに移動させた。
もしかしたら、そのうちまだ戻るかもしれない(笑

そういや、もう11月を過ぎている。
気が付いたら、年末がもうすぐそこまでやってきている。

この時の早さは、なんなんだろうね。

スマートフォンアプリで、
早く感じる時計のアプリを作ったら面白いかもしれない。

たとえば、インストールしてから経過した時間を表示する時計とか。
なんの意味があるか分からないけどね。
posted by 寿 at 21:35 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記